FC2ブログ

ちらりずむ

サークルちらりずむの日記的ブログ

サンクリオツカレサマー

サンクリおつかれさまでした。


新刊、無事にでました。
来て下さった方々、買って下さった方々、ありがとうございました

わりと過ごしやすい気候でよかったです。
スペース的にちょっと窮屈だったこともあって、
スケブお断りすることになっちゃってすみません。
「二人で売り子」っていうのができないような状態だったもんですから、
書いてる余裕が時間的にもスペース的にもありませんでした……( TДT)


サンクリ……以前に比べると、
ホールも減っちゃったし、
スペースも減っちゃったし、
サークルさんの欠席も多いし(わりと欠席してる私が言えた事じゃないですが)、
新刊出さないサークルさんも多いし、
そもそも一般参加の方もかなり少なくなったような感じで、
ちょっと寂しいですね。

勿論不況が一番の原因なんでしょうけど、
例の一件がまだ尾を引いてるのかなあって考えたりもしました。
主催の方々は色々工夫して頑張ってる感じがするんですけどね。
ああ、それ以前に夏コミ前ってのがあるかw

次回のサンクリも都合が付けば参加します。
なんだかんだでイベントは楽しいですから。

久しぶりに色々な友人にも会えて、
楽しい一時でした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

サンクリ56間に合いま

evol02


した!

っぽい。

とりあえず、問題が無ければ出てるはずです。
明日のサンクリの新刊。
すみません、前日更新になっちゃいました。

6/24 サンシャインクリエイション56
A23ホール G08b ちらりずむ


アクエリオンEVOL本です。この三人。
冒頭フルカラー漫画+後半モノクロの構成になってます。
あと、銀河アズマ君にゲストしてもらいましたヽ( ゚∀゚)/

内容ですが……まあ、いつもの如くなんで……。
凌辱系です。
レイプ、機械姦、媚薬、ボテ~妊娠(出産)、ピアス、等の描写があります。

鬼畜な内容が苦手な方はご注意を。

予価は700円です。

サンクリ

evoltotyu

印刷間に合えば……ですが、

今週末、24日のサンクリで新刊出します。

こんな感じ……いや、セリフは嘘。ごめんなさい。

アクエリオンEVOL本です。
ToLOVEる本の続きは夏コミにしっかり作ろうという感じで、今回はありませぬ。

A23ホール G08b 「ちらりずむ」 です。


詳しい情報は土曜日にでも。前日……ですが……。

今日のオーストラリア戦……

いや、こんなところで言うべきことじゃないんだろうけど。

ついでに言えば、どんな試合であってもやっぱり審判に対する批判ってのは避けるべきなのかもしれないけども。

でもやっぱ言いたい今回の最終予選、オーストラリア戦。



結論から言って、試合そのものは非常に見所の多い試合だった。
お互いに(まだ荒削りな部分はあっても)持ち味を生かしていたし、アジアの中で両者のレベルの高さというものを十分見せられた名試合だったと言っても良いと思う。


ただ、ジャッジが不安定だったことを除けば。


この試合のジャッジは、(単純に不公平だとかでは無く)あまりに判定の基準が不安定過ぎた。

両者合わせたイエローの半分以上は「なんでイエローなのか」理解できないものだった気が。
荒れた試合でもなかったのに、ただただカードだけは多いという……。


日本側の、内田、栗原、本田らへのイエローはもちろん、

オーストラリア側へのファール、イエローも、何が基準でファール、イエローなのか理解できないジャッジが多かった。
ミリガンに対して、前半で一枚提示していた事を忘れていたフシもあるし。

PKに関しては、オーストラリアの監督であるオジェックまでも「内田はファウルをしていない」とコメントしている始末で。

栗原への二枚目も、あれでイエローを出されたらそもそもDFは相手選手にコンタクトできないし、まあそれ以前に(その前に)オフサイドだったりするわけで(オフサイドポジションから慌てて戻ろうとした選手と交錯している)、そもそもミスジャッジなんでは……。
ミリガン退場に対するバランス取りだったんじゃないかと疑いたくもなりますな。


でもそんな中、日本選手は冷静だったし、試合後も(憮然としながらも)内容について的確に分析した前向きなコメントを聞けたのは嬉しかった。
オーストラリアの選手もこの点、不安定なジャッジに対しても比較的落ち着いていたし(ケーヒルなんかブチ切れていてもおかしくなかったんじゃあ……)、これだけ審判に引っ掻き回された試合で、両者とも冷静でいいプレーをしてたと思うし、中身の濃い良い試合だったと思います。
ウッチーと栗原は、この試合を引きずらないでほしいなあ……。引きずる意味の全く無い判定だから。


代表戦の審判をつとめるってのは大変なんだってことは分かるけどね。
やっぱ審判が悪目立ちしちゃう試合っていうのは……後味がよろしくない。
内容はいい試合だっただけに……審判がそれを引っ掻き回しちゃうって言うのは……。

これだけファール、イエローの多い試合だったにもかかわらず、試合後両者の雰囲気は決して険悪なものではなかったのも、「荒れた試合」なのではなかった証拠なんじゃないかなと。お互いのパフォーマンスに対しては納得してたし、相手へのリスペクトもあったんではと。「両チームとも大人だった」だけかもしれませんがね。


勝てなかったのは残念。内容を見れば勝てる試合だったと思います。

でも、今の日本代表は見ていて非常にわくわくします。
ちょっと期間空いちゃうけど、今後が楽しみです。

ま、Jもあるしね。



さて、原稿原稿。

ひとまず夏コミについてご報告

夏コミ、スペースとれましたよー。 

三日目。東地区“ア”ブロック-24b 「ちらりずむ」

偽物語スペースです。

また詳しい話はまたおいおい。

というか、その前に一個イベント控えてるし。
とりあえずご報告だけ。